帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3072

タイトル: ブルガリア南西部の乳加工体系
その他のタイトル: Milk processing system in the South-west of Bulgaria
著者: 平田, 昌弘
ヨトヴァ, マリア
内田, 健治
元島, 英雅
Hirata, Masahiro
Yotova, Mariya
Uchida, Kenji
Motoshima, Hidemasa
キーワード: rennet
fermented milk
milk processing history
transition
coolness
social system
発行日: 2010
出版者: 日本酪農科学会
誌名: ミルクサイエンス
Milk Science
巻: 59
号: 3
開始ページ: 237-253
抄録: The purpose of this paper is to make clear the characteristics of milk processing system in the South-west of Bulgaria and figure out the transition history of milk processing techniques in Bulgaria. It was confirmed that the Bulgarian system shares some techniques in common both with fermented milk processing series and with the solidifying-additives using series. It was considered highly possible that the fermented milk processing series seen in Bulgaria today originated from West Asia. Meanwhile,it was found that some significant differences from the West Asian fermented milk processing series are the Bulgarian one stops at the stage of making fermented milk and butter,without further processing those into cheese and butter oil. This change can be explained with the cool temperate weather environment in the Balkan Peninsula which allows for the conservation of milk products with relatively high water conten. We also considered that the Bulgarian cheese processing techniques which use the method of brine maturation hold an intermediate position between the West Asian cheese production techniques where no maturation methods are used and the European cheese production techniques which are specialized in cheese maturation. Therefore,it was considered proper to conclude that the Bulgarian cheese processing techniques formed the basis of the European cheese processing. Furthermore,since the rennet was initially used for curdling raw milk and butter-churning,and was later applied to cheese making in the Balkan Peninsula,this geographical region can be nominated as the cradle of cheese made by rennet additives. In this sense,the tradition of milk processing in Bulgaria today keeps some very old techniques which are important from the view point of the human milk processing history. However,many of these traditions have been threatened under the influence of the socialism system,as well as under its collapse and recent EU accession. The ability of Bulgaria to protect its agricultural system and its culture is now being put to the test. 本稿では,ブルガリア南西部の乳加工体系とその特徴 を明らかにし,バルカン半島のブルガリアにおける乳加 工発達史を論考した。ブルガリアの乳加工体系は,発酵 乳系列群と凝固剤使用系列群の乳加工技術が確認され た。ブルガリアの発酵乳系列群は西アジア由来の乳加工 技術である可能性が極めて高く,冷涼性ゆえに水分含量 が比較的高くても保存が可能なため,酸乳やバターの段 階で加工が終了してしまうように変遷していた。塩水漬 けにしてチーズの熟成をおこなうバルカン半島ブルガリ アのチーズ加工技術は,熟成をおこなわない西アジアと 熟成に特化したヨーロッパのちょうど中間的な位置にあ り,ヨーロッパのチーズ加工の土台を形成した可能性が 高いと考えられた。更に,レンネット利用がチーズ加工 にではなくチャーニングによるバター加工用の生乳凝固 に利用されていることから,もともとのレンネット利用 は先ずバター加工に用いられ,後にバター加工からチーズ加工へと転用されていった可能性が高いと考えられた。これらのことから,レンネット利用によるチーズ加工の起原地の一候補地がバルカン半島であることが示唆された。このように、ブルガリア乳文化は人類の乳加工史において極めて重要な乳加工技術を今日に伝えている。これらのブルガリアの重要な乳加工技術も、社会主義体制への移行・崩壊,EUという巨大経済圏に加盟したまさに今、自国の農業生産や文化の継承のあり方について問われている。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3072
ISSN: 13430289
権利情報: 日本酪農科学会
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
bulgaria.pdf5.94 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください