帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B04研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3064

タイトル: 北海道内のリケッチア属細菌の分布とイヌへの病原性の解明
その他のタイトル: Survey of pathogenicity of Rickettsia species on dogs and distribution of Rickettsia species in Hokkaido
著者: 松本, 高太郎
Matsumoto, Kotaro
キーワード: イヌ
Rickettsia felis
シュルツェマダニ
Rickettsia helvetica
ノミ
ヤマトマダニ
エゾリス
'Candidatus Rickettsia tarasevichiae'
発行日: 1-Jun-2011
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2009年度~2010年度科学研究費補助金若手研究(B)研究成果報告書
21780283
抄録: 北海道内の犬およびマダニを調査した結果、本邦で初めて犬血液からリケッチア属細菌のDNAが検出され、遺伝子解析によりRickettsia felis近縁種であることがわかった。また、8.9%の犬で血清抗リケッチア抗体価が高値を示し、犬がリケッチアに高率に曝露されていることが明らかとなった。犬寄生マダニの24.0%がリケッチアを保有しており、犬がマダニを介して人の住環境にリケッチアを持ち込む可能性が示された。 犬から検出されたリケッチアの近縁種がエゾリス寄生ノミから検出され、犬へのリケッチア伝播にノミが関与している可能性が示された。 Dogs and ticks infected with dogs in Hokkaido were examined for Rickettsia species using PCR and IFA. The rickettsial agent was detected by PCR in one canine blood sample, and the sequence analysis of the PCR product showed that the obtained sequence was closely related to R. felis. Serological survey showed that 8.9% of dogs had high serum titer to Rickettsia species, which revealed that large number of dogs in Hokkaido was exposed to rickettsial agents. Twenty-four percent of ticks infested with dogs harbored rickettsial agents, which suggested that dogs may bring rickettsial agents in ticks to the human environment. Rickettsia species closely related to the rickettsial agent detected in dog was also detected in the flea infested with the squirrel, Sciurus vulgaris orientis, which may suggest that the flea has some role in transmission of rickettsiae to dogs.
記述: 2009年度~2010年度科学研究費補助金若手研究(B)研究成果報告書21780283
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3064
出現コレクション:00B04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21780283seika.pdf378.38 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください