帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A04研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3028

タイトル: アジア途上国と日本の家畜衛生に関わる国境および国内防疫制度の経済疫学的研究
その他のタイトル: Economic and Epidemiological study of animal hygiene prevention system in Asian developing countries and Japan
著者: 耕野, 拓一
KONO, HIROICHI
キーワード: 家畜衛生
防疫制度
経済疫学
家畜疾病
スリランカ
ベトナム
発行日: 1-Jun-2011
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2008年度~2010年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書
20580228
抄録: 日本およびアジア途上国の畜産生産構造と家畜疾病の発生状況から,家畜衛生制度の地域お よび国際的課題を経済疫学的側面から研究した.スリランカのフィールド調査からは,熱帯地 域における家畜の飼料給与法の改善が家畜疾病の発生を減少させ,農家経済にメリットをもた らすことが明らかとなった.ベトナムの調査からは,適切な食品衛生管理を行うために,罰則 の強化や,表彰制度などを導入するなどの,衛生管理インセンティブを供与する必要性などが 明らかとなった. We researched the issues of rural and international animal hygiene institution from economic and epidemiological point of view, considering livestock structure and animal disease outbreak in Japan and Asian developing countries. From field survey in Sri Lanka, we found the improvement of animal feed management will reduce the animal disease occurrence and it will contribute to improve farmer’s livelihood in tropical area. Further we identified the necessity to give hygiene control incentive for appropriate food hygiene management, such as enforcement of penal regulation and prize-giving system from survey in Vietnam.
記述: 2008年度~2010年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書20580228
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3028
出現コレクション:00A04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20580228seika.pdf327.2 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください