帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3020

タイトル: 帯広市における鳥獣類による樹洞利用の季節変化
その他のタイトル: Seasonal change in the utilization of tree cavities by wildlife in Obihiro City
著者: 村木, 尚子
柳川, 久
Muraki, Naoko
Yanagawa, Hisashi
キーワード: 帯広市
樹洞
一時生産者
二次利用者
繁殖
ねぐら
発行日: Sep-2006
出版者: 樹木医学会
抄録: 北海道帯広市において森林性鳥獣類による樹洞の利用実態を明らかにするために,利用種および利用数の季節変化を,一年を通して日中と夜間に調査した.樹洞の一次生産者であるキツツキ類3種と,二次利用者である鳥類および哺乳類12種が確認された.樹洞は,日中,夜間ともほぼ一年を通して利用され,利用率が最も高い時期は日中で6月,夜間で7月であったが,利用率の季節変化は日中と夜間で同調していた.二次利用者鳥類による利用は繁殖期(夏)に多く,アカゲラ,コアカゲラ,ゴジュウカラおよびエゾモモンガによる利用は一年を通してみられた.繁殖のためだけでなく,ねぐらや休息のために樹洞を利用する種もみられ,樹洞は多様な鳥獣類によってさまざまな用途で利用されていた. To determine how forest wildlife use tree cavities, we investigated seasonal changes in species which used tree cavities and the numbers of tree hollows used in the daytime and nighttime over a year in Obihiro City, Hokkaido, Japan. We found 3 species of woodpeckers, which are primary producers of tree cavities, and 12 species of other birds and mammals, which are secondary users of the cavities. The tree cavities were used both daytime and nighttime throughout most of the year. The highest rates of use were recorded in June in daytime and July at nighttime. Although seasonal trends were apparent, the rates of use were almost the same between daytime and nighttime in each season. Although the rates of use by secondary user birds were higher in the summer breeding season, the great spotted woodpecker, lesser spotted woodpecker, Eurasian nuthatch, and Russian flying squirrel used cavities throughout the year. Other species were also observed using the cavities for roosting or resting. Thus, different wildlife use tree cavities in various ways.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3020
ISSN: 13440268
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
obihiro.pdf246.8 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください