帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
050原虫病研究センター >
05004研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3003

タイトル: 昆虫寄生菌の亜致死性効果を利用したマラリア媒介蚊の新防除技術開発に向けた基礎研究
その他のタイトル: Basic research for technical development of new malarial vector control by using sublethal effect of entomopathogenic fungi
著者: 相内, 大吾
AIUCHI, DAIGO
キーワード: 昆虫寄生性アナモルフ菌類
生物学的防除
感染症媒介蚊
亜致死性効果
発行日: 8-Jun-2011
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2009年度~2010年度科学研究費補助金研究活動スタート支援研究成果報告書
21880004
抄録: 野生の蚊類より昆虫寄生性アナモルフ菌類の分離を試み、合計392菌株を収蔵する菌株ライブラリを構築した。これら菌株の感染性および病原性を評価したところ13菌株がAnopheles stephensiに対し感染性を有することが明らかとなった。この内、高い感染性を示した5菌株(Lecanicillium属菌2菌株とB. bassiana 3菌株)の病原性を評価したところ、対照区の半数致死日数を半数以下に下回る高病原性系統および対照区と同程度の値を示す弱病原性系統を検出した。 Entomopathogenic fungi were isolated from wild adult mosquitoes to construct fungal culture library specialized for anamorphic entomopathogenic fungi originated from mosquitoes. As a result, fungal culture library housed 392 isolates of anamorphic entomopathogenic fungi was constructed. Then, their infectivity and pathogenicity were assessed. Consequently, 13 isolates showed infectivity against female Anopheles stephensi. Among them, 2 isolates of Lecanicillium spp and 3 isolates of Beauveria bassiana which showed higher infectivity were applied for bioassay of pathogenicity. As a result, high pathogenicity isolate which showed fewer than half of 50% lethal time value of control plot, and low pathogenicity isolate which showed equal level of the value compared with control were detected.
記述: 2009年度~2010年度科学研究費補助金研究活動スタート支援研究成果報告書21880004
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3003
出現コレクション:05004研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21880004seika.pdf361.92 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください