帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2992

タイトル: ヨーロッパの非加熱食肉製品の特性について
その他のタイトル: On the some properties of the non-heated meat products in European countries
著者: 三上, 正幸
島田, 謙一郎
関川, 三男
MIKAMI, Masayuki
SHIMADA, Ken-ichiro
SEKIKAWA, Mitsuo
キーワード: 発酵ソーセージ
乾塩ハム
ペプチド
遊離アミノ酸
Dry fermented sausages
Dry cured ham
Peptides
Free amino acids
発行日: 2001
出版者: 北海道畜産学会
抄録: Some properties of the non-heated meat products in European countries were analyzed. The dry fermented sausages used were Spanish salami (small,medium and large size),Chorizo, Pepper salami, Italian salami,Hungarian salami and Serrano ham. Viable bacterial counts were small number (10³-10⁵CFU/g) in the hard type sausages and were large number (10⁷ -10⁸CFU/g) in the semi soft type sausages. The pH of the dry fermented sausages inoculated with mold was 5.4-6.7 and was higher than 5.1 of Chorizo which was not inoculated with mold. Peptides and total free amino acids content were 634.0 - 2,240.7 mg/100g products and 404.8 - 2,413.4 mg/100g products, respectively. These were high numbers in Serrano ham. Nitrite ion contents were low level (0.3-4.3 ppm) in generally except 30.7 ppm in Pepper salami. スペイン産を中心としたヨーロッパの非加熱食肉製品8種類,スパニッシュサラミ3種類(小,中,大), チョリゾ,ペッパーサラミ,イタリアンサラミ,ハンガリアンサラミおよびセラノハムについて,微生物学的および理化学的分析を行った. ハードタイプのソーセージにおいては,一般生菌数 および乳酸菌数が少なく(10³ーlO⁵CFU/g),脂肪が多 〈軟らかいタイプのものは生菌数が多い(10⁷-10⁸ CFU/g)傾向にあった.カビを接種した発酵ソーセージのpHは5.4-6.7と高く, 最も低いチョリゾは pH 5.1であった.ペプチド量および総遊離アミノ酸量 は100g当たりそれぞれ634.0-2,240.7mg, 404.8-2,413.4mgであり,一般のハムおよびソーセー ジなどと比べて多かった.特に,長期開発酵するセラ ノハムは高い値を示した.亜硝酸根は,ペパーサラミの30.7ppmを除いて,少ない値(0.3-4.3ppm)であった.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2992
ISSN: 09193235
出現コレクション:00E01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
europe.pdf219.09 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください