帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2966

タイトル: 長期有機物連用圃場における黒ボク土の荷電特性
その他のタイトル: Charge Characteristics of Andisols Affected by Long-Term Organic Matter Application
著者: 八木, 哲生
谷, 昌幸
Yagi, Tetsuo
Tani, Masayuki
キーワード: 活性アルミニウム・鉄
荷電特性
黒ボク土
長期有機物運用
陽イオン交換容量(CEC)
active aluminum and iron
Andisol
cation-exchange capacity (CEC)
charge characteristic
long-term organic matter application
発行日: Dec-2003
出版者: 日本土壌肥料学会
抄録: 農耕地土壌への有機物施用は,化学的効果として陽イオン交換容量(CEC)の増加などが考えられているが,詳細な荷電特性に関するデータは見られない.また,慣行法であるショーレンベルが一法によるCEC測定は,変異荷電成分を多量に含む土壌においては適切でないと考えられる.本研究では,25年間にわたって堆肥や作物残渣などの有機物を連用した黒ボク土のCECおよび陰イオン交換容量(AEC)を繰り返し平衡法により測定し,荷電特性に対する有機物の連用効果について明らかにすることを目的とした.CECは,有機物施用区が化学肥料区よりも若干高かった.その差はきわめて多量の堆肥(30 Mg ha^<-1>)を毎年連用した区において,pH5.5前後で約20%,pH6.5前後で約10%であった.現実的な堆肥の施用量(15Mg ha^<-1> year^<-1>)では,あまり大きな差は認められなかった.作物残渣すき込みの有無の影響も認められなかった.つまり,黒ボク土のように元々のCECが高い土壌における有機物連用は,通常考えられる範囲の堆肥施用量によるCEC増加効果はあまり期待できないと考えられる,むしろ,pHによる荷電特性に差が見られることが明らかとなった.一方,AECは,有機物施用区では化学肥料区よりも明らかに低かった.このような結果は,各処理区の土壌コロイド成分の違いに起因すると考えられた.すなわち,有機物施用区においては,施用された有機物の大部分は,土壌無機成分と相互作用することなく難分解性有機物として集積し,施用された有機物に由来する官能基の荷電特性がそのまま残存した結果,各処理区間で弱酸性領域においてのみCECに変化が見られ,また有機物施用区でAECが低かったと考えられた.堆肥や残渣などの有機物連用の化学的改善効果を評価するにあたっては,荷電特性をはじめ,土壌の種類と理化学性を考慮することが重要であると考えられた. The application of organic matter to agricultural soils is believed to be effective for an increase in the cation-exchange capacity (CEC) of soils; however, quite few attempts have so far been made at the detailed charge characteristics of soils affected by long-term organic matter application. The objectives of the present study are to evaluate the CEC and anion-exchange capacity (AEC) of Andisols, where cattle manure and/or crop residues have been incorporated for 25 years, by using the repeated equilibration method, and to reveal the effect of continuous application of organic matter on the charge characteristics of Andisols. The CEC values measured by the repeated equilibration method of the organic matter applied soils were slightly higher than that of the soil without application of organic matter. The differences in the CEC values between these soils were approximately 20% in the slightly acidic range (pH 5.5) and less than 10% in the neutral range (pH 6.5) . When the usual amount of cattle manure (15 Mg ha^<-1>) has been incorporated, the increase in the CEC could not be expected in case of Andisols. On the other hand, the AEC values decreased remarkably with the continuous application of organic matter. These results could be induced by the change in the soil colloidal constituents after the long-term application of organic matter. The greater part of organic matter applied to the fields would remain in soils as microbial-resistant constituents without a positive interaction with soil mineral components. It was supposed that the appearance of the charge characteristics of the remnant organic matter should result in the slight increase in CEC and the remarkable decrease in AEC of Andisols.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2966
ISSN: 00290610
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
chouki.pdf320.65 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください