帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2965

タイトル: 低温貯蔵した馬鈴薯から単離された澱粉の物理化学特性
その他のタイトル: Physicochemical Properties of Starches from Potatoes Stored at Low Temperature
著者: 池田, 大輔
石橋, 憲一
野田, 高弘
弘中, 和憲
小疇, 浩
山本, 和夫
Ikeda, Daisuke
Ishibashi, Ken-ichi
Noda, Takahiro
Hironaka, Kazunori
Koaze, Hiroshi
Yamamoto, Kazuo
キーワード: potato starch
low temperature storage
physicochemical properties
発行日: 2005
出版者: 日本応用糖質科学会
誌名: Journal of Applied Glycoscience
巻: 52
号: 4
開始ページ: 387-391
抄録: Potato tubers(cv.,Inka-no-mezame,Inka Red,Kitamurasaki,Danshaku and Kitahime)were stored at 4℃ for about 8 months and changes in physicochemical properties of starches isolated from potatoes were examined periodically during storage. Both average granule size and phosphorus content of starches were decreased during low temperature storage. However, the blue values of starches from five cultivars were increased with the increasing duration of storage period. These changes may suggest that amylopectin of the outer surface of starch granules is gradually converted to sugars during cold storage. There was no clear tendency regarding swelling power and solubility of starches during storage. From RVA analysis,the pasting temperature of Inka Red and Inka-no-mezame appeared to be higher than that of other cultivars. During low temperature storage,the difference in pasting temperatures among five cultivars became slightly smaller. Judging from DSC thermograms,To,Tp and Tc of Inka Red shifted in a higher temperature range,while those of Danshaku showed in a lower range. Low temperature storage led to slight increase in ΔH and Tc, while decreasing Tp of all cultivars. 5品種の馬鈴薯を4℃で貯蔵し, 単離された澱粉の物理化学特性の変化から, 澱粉の品質に及ぼす低温貯蔵の影響について検討した. 平均粒径とリン含量は, 貯蔵とともにほとんどの品種で減少傾向がみられ, 馬鈴薯を長期間低温で貯蔵することにより, 澱粉粒が酵素による分解を受け小粒化することが示唆された. しかし, 青価は低温貯蔵中に増加することから, 澱粉粒外側のアミロペクチンが糖化分解を受けやすいと思考された. 膨潤度および溶解度は, リン含量や, アミロース/アミロペクチン含量比などの影響が大きいと推察されたが, 変動幅が小さく貯蔵による一定の傾向は認められなかった. RVAによる粘度特性に関して, インカレッドとインカのめざめは, 他の品種よりも高い粘度上昇温度を示した. また, 低温貯蔵により, 品種間の粘度上昇温度の差が, 僅かに小さくなる傾向がみられた. DSCによる熱特性値は, インカレッドが高温域に, 男爵が低温域にあった. 低温貯蔵中に, 糊化エンタルピーと糊化終了温度の微増と, 糊化ピーク温度の僅かな減少が認められた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2965
ISSN: 18807291
13447882
権利情報: 日本応用糖質科学会
出現コレクション:00E01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
physico.pdf252.38 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください