帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2953

タイトル: アスパラガス接触センサの研究
その他のタイトル: Research on Contact Sensor for Asparagus
著者: 大友, 功一
岸本, 正
OHTOMO, Koichi
KISHIMOTO, Tadashi
キーワード: グリーンアスパラガス
アスパラガス収穫機
接触センサ
アスパラガスセンサ
アスパラガスロボット
green asparagus
asparagus harvester
contact sensor
asparagus sensor
asparagus robot
発行日: Mar-1999
出版者: 農業機械学会
抄録: アスパラガスの経営安定および規模拡大には雇用が困難になりつつあるパートの人手に替えて機械に収穫させるのが改善策との観点から, 工業用センサなどで制御する低価格な収穫機の開発に着手した。収穫作業の制御情報収集のための認識システムに, アスパラガスに接触してその存在を認識できる接触センサを位置づけた。予備実験では, アスパラガスは絶縁体で覆われているために, 常温では接触センサはアスパラガスを認識できなかった。しかし, 接触子を約40℃から80℃の範囲で加温することにより認識が可能になり, 接触子の温度が70℃付近で100%の認識率となることを明らかにした。 Asparagus harvesting is expected to shift from manual to mechanical for the stable farm management and scale enlargement because of the shortage of part-time workers. Authors started the development of a low-cost asparagus harvester with sensors for industrial use. A contact sensor was introduced for the asparagus recognition system. Through the preliminary experiments,the sensor could not detect the asparagus at ambient temperature as it is coated with insulating material. It was found that the material was removed with increasing temperature as it consists mainly of wax. The sensor can detect the asparagus with the contact element heated to about 40-80℃. The recognition rate was almost 100% when the temperature of the contact element was 70℃.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2953
ISSN: 18846025
02852543
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
asparagus.pdf744.89 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください