帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2952

タイトル: トラクタタイヤ接地面積の3次元計測に関する研究
その他のタイトル: Determination of the Three Dimensional Contact Area between Tractor Tire and Soil
著者: 全, 亨奎
谷口, 哲司
大友, 功一
岸本, 正
大山, 毅
JUN, Hyung-gyu
TANIGUCHI, Tetsuji
OHTOMO, Ko-ichi
KISHIMOTO, Tadashi
OHYAMA, Tsuyoshi
キーワード: タイヤ変形
土壌踏圧
接地面積
土壌変形
空気圧
トラクタタイヤ
ラジアルタイヤ
tire deformation
soil compaction
contact area
soil deformation
inflation pressure
agricultural tractor
発行日: Sep-1997
出版者: 農業機械学会
誌名: 農業機械学会誌
JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY
巻: 59
号: 5
開始ページ: 3-12
抄録: タイヤ性能を改善し土壌踏圧を解明するための基礎研究として, タイヤ変形を考慮しての接地面積計測方法を確立した。走行時のタイヤ断面形状を楕円で近似し, タイヤのラジアル方向および横方向変形量, 沈下量, 踏面長さ等の測定値から, タイヤ走行時の3次元接地面積を求めた。また, レーザセンサ距離計により土壌面上部定位置から踏圧面までの距離をメッシュ状に測定できる土壌変形計測装置を開発し, タイヤ静荷重時の3次元接地面積を求めた。これより, 静荷重時接地面積は走行時の約1.3倍となった。さらに, 同装置により静荷重時の土壌深さの違いによる土壌変形量を測定した。その結果, 変形前の土壌の10cmより浅い土壌層にラグによる土壌変形がみられた。 Methods for the determination of 3-D contact area between a tire and soil were presented to improve tire performance and to clarify soil compaction. The contact area during tire operation on the soil was calculated with radial,lateral and longitudinal deflections of the tire and the sinkage. The device with a laser sensor was developed to measure the distances from a fixed position to soil surface for the calculation of contact area under static condition. The contact area under static condition was 1. 3 times as that under operating condition. The soil deformations in specific soil depth were measured with the device. The effect of tire lug on soil deformation was recognized in the layer shallower than 10 cm of initial soil condition.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2952
ISSN: 18846025
02852543
権利情報: 農業機械学会
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tractor.pdf5.5 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください