帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2943

タイトル: 起立不能を呈した育成牛における非定型散発性牛白血病の1例
その他のタイトル: Atypical Sporadic Bovine Leukosis with Astasia in a Holstein Heifer
著者: 松山, 雄喜
村上, 智亮
大林, 哲
古林, 与志安
松本, 高太郎
松井, 高峯
猪熊, 壽
MATSUYAMA, Yuuki
MURAKAMI, Tomoaki
OHBAYASHI, Tetsu
KOBAYASHI, Yoshiyasu
MATSUMOTO, Kotaro
MATSUI, Takane
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 非定型
散発性牛白血病
起立不能
atypical form
sporadic bovine leukosis
astasia
発行日: 20-May-2010
出版者: 日本獣医師会
誌名: 日本獣医師会雑誌
Journal of the Japan Veterinary Medical Association
巻: 63
号: 5
開始ページ: 355-358
抄録: 8カ月齢ホルスタイン種乳牛が起立不能を呈した.右下顎リンパ節相当部に腫瘤を認めたため,午白血病を疑い血液検査および針吸引細胞診を実施したが,確定診断に至らなかった.病理解剖においては,環椎および胸椎にも腫瘤が存在し脊髄を圧迫していた.病理組織学的に,腫瘍細胞はBLA-36抗原陽性であり,B細胞性リンパ腫と診断した. BLV抗体は陰性であった.これらのことから,本症例は非定型若齢牛の散発性牛白血病と考えられた. An 8-month-old Holstein heifer presented with difficulty in standing. Bovine leukosis was suspected because of the enlargement of the right mandibular lymph node; however,this could not be confirmed by fine needle aspiration of the lymph node and blood examination. A postmortem examination revealed that neoplastic masses compressed the spinal cord and nerves at the atlas and thoratic vertebra. A histopathological examination revealed the mass to be B-cell lymphoma based on BLA-36 positivity,but antibodies against bovine leukemia virus were not detected. The case was diagnosed as an atypical sporadic type of bovine leukosis.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2943
ISSN: 04466454
権利情報: 日本獣医師会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiritsu.pdf479.03 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください