帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
080動物医療センター(附属家畜病院) >
08001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2940

タイトル: ロムスチン抵抗性の犬皮膚型リンパ腫に対して放射線治療を実施した1 例
その他のタイトル: Radiation Therapy for Lomustine-Resistant Cutaneous Lymphoma in a Dog
著者: 佐藤, 巌紀
西村, 麻紀
三好, 雅史
川本, 恵子
古林, 与志安
磯村, 洋
宮原, 和郎
SATO, Genki
NISHIMURA, Maki
MIYOSHI, Masahumi
KAWAMOTO, Keiko
KOBAYASHI, Yoshiyasu
ISOMURA, Hiroshi
MIYAHARA, Kazurou
キーワード: 皮膚型リンパ腫
ロムスチン(CCNU)
放射線治療
Cutaneous lymphoma
Lomustine (CCNU)
Radiationtherapy
発行日: 20-Sep-2010
出版者: 日本獣医師会
誌名: 日本獣医師会雑誌
Journal of the Japan Veterinary Medical Association
巻: 63
号: 9
開始ページ: 711-714
抄録: 下唇の腫脹と下顎リンパ節の腫脹を伴った1 2 歳のT 細胞型皮膚型リンパ腫のシーズー犬に対してロムスチン (CCNU)による治療を行ったが効果は認められなかった.そこで,1回4Gyを2日おきに計5回,総線量20Gyで放射 線治療を実施したところ,腫脹の軽減が認められた.その後,飼い主希望により,積極的な治療は行わなかったが,数 回の放射線治療のたびに,改善が認められた.最終的に下唇と下顎リンパ節の腫瘤が増大し,第234 病日に斃死した.We administered lomustine (CCNU) to a 12-year-old Shih Tzu with T-cell type cutaneous lymphoma with swelling of the lower lip and mandibular lymph node. The treatment was ineffective and there was no reduction in the swelling in either area. Next, we carried out five radiation treatments (4Gy once every two days) with a total dose of radioactivity of 20Gy. Following the wishes of the owner, we did not perform further treatment. However, after several radiation treatments, there was a noticeable reduction in the swelling of the lower lip and the mandibular. The tumors of the lower lip and mandibular lymph node eventually increased and the dog died 234 days after the initial treatment.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2940
ISSN: 04466454
出現コレクション:08001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lomustine.pdf372.76 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください