帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2885

タイトル: 景観構造を考慮したニホンジカによる水稲被害発生機構の解明とリスクマップの作成
その他のタイトル: Analysis of factors affecting rice-crop damage by sika deer in a landscape context and construction of a risk map in the Boso Peninsula, central Japan
著者: 高田, まゆら
鈴木, 牧
落合, 啓二
浅田, 正彦
宮下, 直
Takada, Mayura
Suzuki, Maki
Ochiai, Keiji
Asada, Masahiko
Miyashita, Tadashi
キーワード: アンケート調査
大型草食獣
空間スケール
地理情報システム
農業被害
agricultural damage
geographic information system
interview survey
large herbivore
spatial scale
発行日: 2010
出版者: 日本生態学会
誌名: 保全生態学研究
Japanese journal of conservation ecology
巻: 15
開始ページ: 203-210
抄録: シカによる水稲被害が深刻化している千葉県房総半島南部において、約 350 軒の稲作農家を対象とした聞き取りアンケート調査から、シカによる水稲被 害のレベルを定量化し、それをシカの局所密度と水田周辺の景観構造により説 明する統計モデルを構築した。その結果、被害レベルはシカ密度に加え、対象 水田から半径400m 以内の景観構造により影響を受けていることが明らかにな った。具体的には、水田周囲の森林率の増加に伴い被害は大きくなること、ま たシカの高密度地域では周辺景観の林縁長が長いと被害が軽減される傾向があ ることがわかった。この空間スケールは、既往研究から示された房総のシカの 行動圏や食物の質、妊娠率が決まる空間スケールとほぼ一致していた。次に統 計モデルを用いて被害が軽度に維持されるシカ密度をシカ分布域とその周辺を 含めた地域で推定し、水稲被害のリスクマップを作成したところ、被害が軽度 に維持されるシカ密度は地域の景観構造により大きく異なることがわかった。 異質な景観構造をもつ地域では、こうしたリスクマップと現在のシカ生息密度 とを比較し、短期的な捕獲目標個体数を局所レベルで定めることで、被害防除 努力をより効率的に配分することができるだろう。 The sika deer population (Cervus nippon) in the Boso Peninsula of Chiba, central Japan, has expanded dramatically in recent decades, causing serious damage to rice crops. To predict the level of damage, we conducted approximately 350 interviews of paddy field owners and developed a regression model that included local deer density and landscape structure surrounding paddy fields as explanatory variables. Model selection using Akaike’s information criterion (AIC) revealed that the level of damage was affected by landscape structure within a 400-m radius of a focal rice field as well as local deer density. This spatial scale was consistent with the home-range size of sika deer as well as the scale determining food quality and the reproductive rate of deer in the Boso Peninsula. The level of damage also increased with an increase in forested area but tended to decrease with increases in the surrounding forest-edge length in areas with higher deer densities. We also constructed a risk map for rice-crop damage to determine local deer densities that could keep damage at low levels using the above regression model. The estimated deer density at which this occurred was highly variable depending on landscape structure. Comparing such risk maps and current local deer density will help to facilitate the establishment of an objective management plan in a heterogeneous landscape.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2885
権利情報: 日本生態学会
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
keikan.pdf484.23 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください