帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2832

タイトル: 貯留中の乳牛ふん尿スラリーから発生する環境負荷ガスを抑制する撥水加工肥料資材の開発と評価
その他のタイトル: Use of Hydrophobic Fertilizers to Cover Dairy Slurry Stores to Reduce Emissions of Greenhouse Gases and Other Polluting Gases
著者: 坂本, 直久
谷, 昌幸
小池, 正徳
倉持, 勝久
岸本, 正
梅津, 一孝
Sakamoto, Naohisa
Tani, Masayuki
Koike, Masanori
Kishimoto, Tadashi
Umetsu, Kazutaka
Kuramochi, Katsuhisa
キーワード: 畜産廃棄物
スラリー貯留槽
アンモニア
温室効果ガス
環境汚染
animal waste
slurry store
ammonia
greenhouse gas
environmental pollution
発行日: 2008
出版者: 廃棄物資源循環学会
誌名: 廃棄物学会論文誌
Journal of the Japan Society of Waste Management Experts
巻: 19
号: 3
開始ページ: 175-181
抄録: 本研究では,貯留中の乳牛ふん尿スラリーから発生する環境負荷ガスを低減するため,化学肥料を撥水加工した革新的なカバー資材を開発し,その抑制効果の評価とメカニズムについて検証した。スラリーは,メタン発酵前と発酵後の2種類を用いた。資材は,スラリー上に浮かべることを可能とし,また農地還元する上で不足する植物養分を補給するために,微粉砕した化学肥料に疎水性シリカを混合することにより調製した。実験室規模で13日間のガス発生量を測定した。アンモニアやメタンの積算発生量はメタン発酵後のスラリーの方が発酵前のそれよりも高かった。本資材を供試することにより,スラリーから発生するガスの吸着またはスラリーの発酵挙動が変化し,アンモニアやメタンの発生量が著しく減少した。さらに,資材の一部が溶解してスラリーの養分量が増加するので,本技術は農作業の効率化が図られるとともに,畜産廃棄物の有効利用に役立つと考えられる。 The objectives of this study were to verify the effectiveness in reducing polluting gas emissions of novel methods for covering dairy slurry by using various types of hydrophobic fertilizers and to evaluate the mechanisms for reducing gas emissions from this slurry before and after methane fermentation. The hydrophobic fertilizers were prepared by mixing finely-ground chemical fertilizers (SP: super-phosphate, CC: calcium carbonate, and NP: a mixture of ammonium phosphate and ammonium sulfate) with hydrophobic silica (8wt.%) to make a moisture-proof cover that could float on the slurry. Laboratory trials were carried out for 13 days using a pilot-scale device. The hydrophobic fertilizers composed of SP and NP reduced NH3 and CH4 emmisions from the digested slurry remarkably. However. we did not observe any suppression of gases when we applied the hydrophobic fertilizer composed of CC. The effect of the novel covers on the emissions of greenhouse gases and other polluting gases varied with the types of chemical fertilizers depending on acidity-alkalinity, solubility and ability to adsorb these gases. The hydrophobic fertilizer coverings and partial dissolution of their nutritional constituents affected the fermentation process of dairy slurry during storage and consequent gas emissions.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2832
ISSN: 1883163X
18831648
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
choryuu.pdf874.3 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください