帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2809

タイトル: 腹腔内に形成され腫瘍組織の脊柱管内直接浸潤により後躯麻痺を呈した牛白血病の1 例
その他のタイトル: Bovine Leukosis with Hind Limb Paresis due to Direct Invasion of Intra-Abdominal Neoplastic Tissue to the Vertebral Canal
著者: 松山, 雄喜
神尾, 恭平
村上, 智亮
下田, 崇
古林, 与志安
古岡, 秀文
松本, 高太郎
猪熊, 壽
MATSUYAMA, Yuuki
KAMIO, Kyouhei
MURAKAMI, Tomoaki
SHIMODA, Takashi
KOBAYASHI, Yoshiyasu
FURUOKA, Hidefumi
MATSUMOTO, Kohtaro
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 牛白血病
脊髄浸潤
後躯麻痺
bovine leukosis
spinal cord invasion
hind limb paresis
発行日: 2009
出版者: 日本獣医師会
抄録: 5 歳6 カ月齢ホルスタイン種乳牛が,後躯麻痺による起立不能を呈した.浅頸リンパ節の腫大と直腸検査による腫瘤 の触知から牛白血病を疑ったが,血液検査とリンパ節の針吸引生検では確定診断できなかった.剖検では,60 × 40 × 20cm 大の多結節性腫瘤が背側の腹腔壁に接して存在していた.腫瘍組織は腸腰筋に浸潤し,一部は第5 および第6 腰 椎椎間孔より脊柱管内に連続的に波及し,脊髄および脊髄神経根を圧迫していた.腫瘍はCD3 陽性のT細胞性リンパ 腫で,牛白血病ウイルス抗体陰性であったため,散発型牛白血病と診断された. A Holstein cow (5 years and 3 months old) presented with hind limb paresis and was unable to stand. Bovine leukosis was suspected given the enlargement of cervical lymph nodes and existence of an abdominal mass detected by rectal palpation; however,it could not be confirmed by blood examination and fine needle aspiration of cervical lymph nodes. Pathological examination revealed a mu1tinodular mass (60 x 40 x 20 cm) on the dorsal abdomen that was invasive into the iliopsoas muscle. A portion of the mass invaded the vertebral canal between the 5th and 6th intervertebral foramina and compressed the spinal cord and nerves. Histopathological examination revealed the mass to be T-cell lymphoma based on CD3 positivity. Given that antibodies against bovine leukemia virus were not detected,the case was diagnosed as sporadic type bovine leukosis.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2809
ISSN: 04466454
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
fukkonai.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください