帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2790

タイトル: 北海道東部の放牧場における小型ピロプラズマ感染リスク低減要因の検討
その他のタイトル: Study on factors to decrease risk for Theileria orientalis infection of cattle in pastureland in Eastern Hokkaido
著者: 猪熊, 壽
横山, 直明
INOKUMA, Hisashi
YOKOYAMA, Naoaki
キーワード: 道東
リスク低減要因
Theileria orientalis
Eastern Hokkaido
factors to decrease risk
発行日: Nov-2010
出版者: 牛臨床寄生虫研究会
抄録: 北海道東部(道東)の放牧地における牛の小型ピロプラズマ感染りスク低減要因について調査した。道東ではシュルツェマダニ,ヤマトマダニ,ダグラスチマダニが採取され, PCRにより小型ピロプラズマ遺伝子断片が検出され,これらのマダニがベクターとなりうる可能性が考えられた。エゾシカからは多数のマダニが回収され,小型ピロプラズマのベクターを牛の放牧地内へ持ち込むという意味で小型ピロプラズマ感染リスクに関わる動物と考えられた。また,放牧管理体制との関連では,野生動物侵入防止柵の設置,あるいは牧柵周辺の下草刈りが小型ピロプラズマ感染リスク低減に有効である可能性が考えられた。 Factors to decrease risk for Theileria orientalis infection of cattle in pastureland in Eastern Hokkaido were investigated. Ixodes persulcatus,Ixodes ovatus and Haemaphysalis douglusii were collected from the vegetation of the pastureland,and DNA fragments of T. orientalis were detected from these ticks by using PCR. The results suggested that these tick species may be vectors for T. orientalis in this area. Many ticks have been recovered from wild sika deer,and it was thought that sika deer may be a risk factor of T. orientalis infection by bringing vectors into pastureland with them. Both fence to prevent wild animal invasion into a pastureland and reaping clear away around the pastureland were thought to be effective to decrease risk for T. orientalis infection of cattle.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2790
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hokkaido.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください