帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00C基礎獣医学研究部門  >
00C04研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2757

タイトル: 霊長類およびクマ類における四肢の機能形態学的多様性と環境適応に関する研究
その他のタイトル: The studies on functional morphological diversity and environmental adaptation of limbs in primates and bears
著者: 佐々木, 基樹
SASAKI, MOTOKI
キーワード: 多様性
霊長類
発行日: 5-Jun-2009
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2007年度~2008年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書
19570078
抄録: チンパンジー、ゴリラ、オランウータン、ニホンザル、これら 4 種の霊長類と 4 種のクマ科 動物、ジャイアントパンダ、マレーグマ、ホッキョクグマ、ヒグマの後肢の可動性を、CT ス キャナーを用いて非破壊的に観察した。その結果、4 種の霊長類とジャイアントパンダ、マレ ーグマの 2 種のクマ科動物において、足根骨の回転とスライドによる足の顕著な回外が確認さ れた。さらに、霊長類において、第一趾の屈曲に伴う第一中足骨の内転が 4 種の霊長類全てに 確認され、オランウータン、ゴリラ、ニホンザル、チンパンジーの順でその可動域は大きかっ た。また、ゴリラやチンパンジーでは第一中足骨は足の背腹平面で内転しており、上下斜め方 向に可動面を持つ他の 2 種の霊長類とは可動様式が異なっていた。足根骨の回転とスライドに よる足の回外は、木登りに対する形態学的適応と考えられる。また、第一中足骨の足の背腹平 面で内転は地上性適応の一環と考えられる。さらに、その可動性がチンパンジーで小さかった ことから、チンパンジーがより地上性適応しているものと推測される。
記述: 2007年度~2008年度科学研究費補助金基盤研究(C) 研究成果報告書19570078
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2757
出現コレクション:00C04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19570078seika.pdf873.14 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください