帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
070動物・食品衛生研究センター(大動物特殊疾病研究センター) >
07004研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2753

タイトル: 血液型抗原発現クローン豚の作出 : 免疫寛容誘導法の確立
その他のタイトル: The generation of clone pigs expressing blood group antigens -developing a tolerance induction method-
著者: 小川, 晴子
OGAWA, HARUKO
キーワード: 移植
拒絶反応
免疫寛容
血液型抗原
クローン動物
核移植
リンパ球
ABO
発行日: 5-May-2009
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2006年度~2008年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書
18380162
抄録: 本研究の目標は、ABO不適合移植の患者における拒絶反応のリスクを低 減するために、免疫寛容誘導法を確立する事である。マウス実験で得られた結果を、ヒトによ り近い実験動物を用いて確認するために、ヒトのABO式血液型を発現するブタ実験モデルを 用いた研究の推進を目指している。現在、ヒトの血液型抗原を生成する酵素遺伝子を導入した ブタ細胞の核を用いて、ヒトのABO式血液型を発現する遺伝子改変クローンブタを作出して いる。
記述: 2006年度~2008年度科学研究費補助金基盤研究(B) 研究成果報告書18380162
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2753
出現コレクション:07004研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
18380162seika.pdf157.9 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください