帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2708

タイトル: Selection of Salt-tolerant Yeast Strains Accumulating Glucosylceramide
著者: TAKAKUWA, Naoya
OHNISHI, Masao
ODA, Yuji
大西, 正男
小田, 有二
キーワード: Glucosylceramide
salt tolerant yeast
Debaryomyces hansenii
発行日: 2005
出版者: 日本食品科学工学会
抄録: Debaryomyces hansenii NBRC 0855 accumulated high amounts of glucosylceramide relative to 25 strains of salt-tolerant yeasts in the genera Candida,Debaryomyces. Kodamaea,and Pichia. The constituents of glucosylceramide were principally 2-hydroxystearic acid as a fatty acid,9-methyl-trans-4,trans-8-sphingadienine as a sphingoid base and glucose as a hexose. Strain NBRC 0855 was able to produce glucosylceramide when cultured on actual eflluent from a pickle manufacturer.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2708
ISSN: 18813984
13446606
出現コレクション:00E01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
selection.pdf122.5 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください