帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2699

タイトル: 野生エゾシカ肉の栄養特性について
その他のタイトル: Nutrient Characteristics of Wild Yezo Sika Deer Meat
著者: 岡本, 匡代
坂田, 澄雄
木下, 幹朗
大西, 正男
Okamoto, Masayo
Sakata, Sumio
Kinoshita, Mikio
Ohnishi, Masao
キーワード: 野生エゾシカ
一般成分
無機成分
脂肪酸組成
総コレステロール量
wild yezo sika deer
proximate composition
inorganic component
fatty acid composition
total cholesterol
発行日: 2004
出版者: 日本栄養・食糧学会
誌名: 日本栄養・食糧学会誌
巻: 57
号: 3
開始ページ: 147-152
抄録: 有害獣として駆除された野生エゾシカの多くは廃棄されているのが現状である。本研究では,シカ肉資源の有効活用に資する基礎的知見を集積する目的で野生エゾシカ背最長筋の栄養特性とその季節的変動を 分析した。野生エゾシカ肉の水分は68.9-77.3%,タンパク質は21.0-26.6%,脂質は0.3-6.1%,灰分は 1.1-1.4%であった。脂質含量は5月から8月にかけて増加して11月に減少していた。一方,水分量は逆の 傾向を示した。無機成分としては, 100g当たりカリウムは86.8-110.8mg,鉄は4.5-7.7mg,亜鉛は 3.0-3.8 mg,銅は0.7-1.0mgであった。また,鉛は0.7mg,カドミウムは検出されなかった。全脂質の 主要な脂肪酸は,パルミチン酸,ステアリン酸,オレイン酸およびリノール酸であった。その中でも, 5月 ではリノール酸が多く, 8月と11月ではパルミチン酸の割合が高かった。また, リノール酸,アラキドン 酸およびドコサベンタエン酸の割合は11月にかげて減少し,これに対してパルミチン酸,パルミトレイン 酸およびオレイン酸は増加した。総コレステロールは10.5-167.8mg/100 gであった。 Many Cerus nippon yesonsis (yezo sika) deer are now being exterminated as harmful animals in Hokkaido,]apan,but the meat is mostly discarded. We have investigated the nutrient characteristics of Longissimus dorsi muscle of wild yezo sika deer and their seasonal changes to promote effective utilization of the meat. The moisture content was 68.9-77.3%,crude protein 21.0-26.6%,crude fat 0.3-6.1% and ash 1.1-1.4%. The crude fat content of Longissimus dorsi muscle increased from May to August, followed by a decrease in November. On the other hand,the moisture content showed a reverse tendency. As mineral components,86 .8-110.8 mg of K,4.5-7.7 mg of Fe,3.0-3.8 mg of Zn,0.7-1.0m g of Cu,and 0.7 mg of Pb were found per 100 g of muscle. N0 Cd was detected. The major fatty acid components of the total lipids were 16:0,18:0,18:1 and 18:2. In May the predominant fatty acid was 18:2, whereas 16:0 accounted for the largest proportion in August and November. Moreover,the proportions of 18:2,20:4 and 22:5 decreased towards November,whereas 16:0,16: 1 and 18:1 increased. Total cholesterol content was 10.5-167.8 mg per 100g.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2699
ISSN: 18832849
02873516
権利情報: 日本栄養・食糧学会
出現コレクション:00E01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
yaseiezoshika.pdf294.85 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください