帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2685

タイトル: 日高管内サラブレッド種生産農家における放牧草中水溶性炭水化物含量およびウマの糞性状の季節変化
その他のタイトル: Seasonal changes of water-soluble carbohydrates in grazing grasses and fecal characteristics in Thoroughbred horses on breeding farms in Hidaka district
著者: 飯島, 由子
河合, 正人
早川, 聡
朝井, 洋
花田, 正明
IIJIMA, Yuuko
KAWAI, Masahito
HAYAKAWA, Satoshi
ASAI, You
HANADA, Masaaki
キーワード: 放牧草
水溶性炭水化物
糞性状
サラブレッド
gazing grasses
water soluble carbohydrates
fecal characteristics
Thoroughbred
発行日: Mar-2010
出版者: 北海道畜産学会
誌名: 北海道畜産学会報
巻: 52
開始ページ: 41-45
抄録: ウマの後腸内に水溶性炭水化物(WSC)が大量に流 れ込むと、代謝障害を引き起こす可能性が指摘されて いる。牧草中のWSC含量は乾草などに比べて生草で 高く、また同じ牧草でも季節によって変化することが 知られている。本研究では放牧草中のWSC含量、およ びそれらを採食したウマの後腸内発酵性状の指標とし て糞性状を測定し、季節聞で比較した。調査は日高管 内のサラブレッド種生産農家5戸の繁殖雌馬用放牧地 と、そこで放牧飼養されている繁殖雌馬(のべ98頭) を用い、5、7、9月に行った。放牧草中WSC含量は 7月、9月(13.4、9.3%DM)に比べて5月(19.2%DM) に高かった(p<O.05) 。糞の乳酸濃度は504~729μg/g DMと季節聞で有意な差はなかったが、総VFA濃度は 5月、7月、9月の順に高かった(p<O.05)。糞のpH は7月(6.35)、9月(6.42)に比べて5月(6.08)に低 かった(p<O.05)。放牧草中WSC含量が15%DMを上回 るとき、糞のpHは低下する傾向がみられた。放牧草中 WSC含量が高い春はもちろん、夏、秋においても15% DM程度にまでWSC含量が高くなる場合、ウマの放牧 飼養管理に注意を払う必要があることが示唆された。 It is pointed out the overflow of water-soluble carbohydrates (WSC) into hindgut may cause the metabolic disorders in horses. It is known that the WSC contents in fresh grasses are higher than those in hay,and the contents differ among seasons. This study was investigated to clarify the seasonal changes of WSC contents in grazing grasses and fermentation characteristics in the hindgut of Thoroughbred horses during grazing. The investigation was carried out on the grazing pasture for breeding mares on 5 private farms in Hidaka district in May,July and September. Fecal samples of a total head of 98 mares were collected and used for the analysis of fermentatkon characteristics. The WSC contents of gazing grasses were higher in May (l9. 2%DM) than those in July (13. 4%DM) and September (9. 3%DM). Although there were no differences in fecal lactic acid, the concentration of tota1 VFA was the highest in May, intermediate in Ju1y and the lowest in September (p<O. 05). Fecal pH was lower in May (6. 08,p <O. 05) than that in July (6. 35) and September (6.42). When the WSC contents in grazing grasses exceeded 15%DM,fecal pH in horses decreased. These results suggested that the grazing managements for horses should be attended during sprmg season in particular,and also in case of higher WSC contents around 15%DM in summer and autumn season.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2685
ISSN: 09193235
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
thoroughbred.pdf243.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください