帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2666

タイトル: 長期観測に基づく積雪下の土の凍結融解特性
その他のタイトル: Characteristics of ground freezing and thawing under snow cover based on long-term observation
著者: 原田, 裕介
土谷, 富士夫
武田, 一夫
宗岡, 寿美
HARADA, Yusuke
TSUCHIYA, Fujio
TAKEDA, Kazuo
MUNEOKA, Toshimi
キーワード: 長期観測
凍結深
土の凍結
積雪期間
凍土の融解
long-term observation
frost depth
ground freezing
snow cover period
thawing of frozen soil
発行日: Jul-2009
出版者: 日本雪氷学会
誌名: 雪氷
巻: 71
号: 4
開始ページ: 241-251
抄録: 北海道東部地域の1定点(帯広畜産大学構内)で, 1981 ~2006年度冬期に土の凍結深と積雪深の観測を実施し,積雪下の土の凍結融解特性を分析した。その結果,年最大凍結深は,26冬期に5~55cmと年毎に大きく異なった。凍結深は,積雪深に影響され,積雪深が20cmに達するまでの積算寒度の平方根に比例することを確認した。一方,凍土の融解は,地中からの熱流の影響もあるが,根雪期間完了ごろに地表面から急速に進行する。そして,3月下旬から5月上旬までに凍土は完全に消失した。 この凍土が消失する深さは,根雪期間完了日から凍土消失日までに降雨や表土の再凍結がなければ,その聞の積算暖度の平方根に比例することが示された。これらの関係を用いて,帯広測候所の気温と積雪深データから196 1 ~ 1980年度の最大凍結深や凍土消失日の予測結果を加え,46冬期の長期特性を考察した。初冬の積雪の増加,最深積雪の増加,1991年以降の凍結指数減少などにより,最大凍結深は減少し,凍土消失日は4月中旬から上旬へ早まる, この半世紀の傾向が明らかになった。 Observations of frost and snow depths were conducted at the Obihiro University site located in eastern Hokkaido,Japan,from November 1981 to April 2007,and the characteristics of ground freezing and thawing under snow cover were analyzed. The results indicated that the annual maximum frost depth ranged from 5 to 55cm during the 26 winters. Frost depth is inftuenced by seasonal changes in snow depth,and it was confirmed that it is proportional to the square root of the freezing index when snow depth reaches 20cm. The thawing of frozen ground starts from the surface at the seasonal end of snow cover and finishes from late March to early May (last frost day) A linear relationship was found between the vanishing frost depth and the maximum frost depth. Further,the vanishing frost depth was found to be proportional to the square root of the thawing index. Based on these findings,the seasonal maximum frost depth,vanishing frost depth,and last frost day were calculated using meteorological data from 1961 to 1980 obtained :from Obihiro Meteorological Observatory. Taken together, we can conclude that the annual maximum frost depth has decreased in Ihe last half century and that the last frost day has shifted frorn mid to early April.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2666
ISSN: 03731006
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
seppyo.pdf3.76 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください