帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00G人間科学研究部門 >
00G03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2655

タイトル: Controlling seating assignments as a classroom management tool for tertiary education in Japan
その他のタイトル: 日本の大学教育におけるクラスルームマネージメント手段としての座席指定管理
著者: CAMPBELL, David
キーワード: Classroom management
seating assignments
classroom community
disruptive behavior
発行日: Oct-2009
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告 = Research bulletin of Obihiro University
巻: 30
開始ページ: 127-131
抄録: This paper examines the benefits of controlling seating arrangements in a standard Japanese university classroom setting (rows of tables and chairs) along with techniques that can be used to control seating assignments while still allowing students some freedom of choice. I look at the impact of seating selections on student behavior, motivation and classroom community. Controlling student seating choices is a classroom management tool that can reduce disruptive classroom behavior and create a positive classroom learning environment in a typical Japanese classroom setting.
当論文では、典型的な日本の大学における教室(列に並んだ机と椅子)の中で,学生の自由な選択を妨げることなく座席を管理する技術を伴う座席指定の有効性を検討する。座席の適正な選択が学生の学習姿勢、意欲、クラス内コミュニティに効果があるのを考察する。座席選択の管理は 授業を妨げる行為の減少に役立ち、日本の典型的な教室において好ましい学習環境を創るであろう。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2655
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00G03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol30(p.127).pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください