帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2651

タイトル: 表面増強ラマン分光法による化学物質の検出
その他のタイトル: Simple and rapid detection of pesticides and chemicals using surface enhanced Raman spectroscopy
著者: 角田, 英男
上元, 好仁
堀川, 洋
キーワード: 迅速簡便
ラマン分光
SERS
農薬
メラミン
simple and rapid Raman spectroscopy
SERS
pesticides
melamine
発行日: Oct-2009
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告 = Research bulletin of Obihiro University
巻: 30
開始ページ: 71-77
抄録: 独自の銀ナノ粒子・基板を試作し,小型ラマン分光装置を用いジチオカーバメート系農薬(Thiram: tetramethylthiuram disulfide)・パルノックスおよびメラミンのラマンおよび表面増強ラマン(Surface Enhanced Raman Spectroscopy:SERS)スペクトルの計測を行った。濃度が4ppm から0.04ppmの範囲では,濃度とピーク強度との間に良い直線関係が示された。同様に小麦粉に混合したメラミンのラマンスペクトルおよびSERS スペクトルを顕微ラマン分光装置により計測した。1ppm濃度程度まで特有のSERS 吸収ピークが観測され,定性的検出が可能であった。この銀ナノ粒子・基板を用いた小型で安価な装置による表面増強ラマン(SERS)スペクトル計測は,農薬や化学物質の分析法として感度が高く実用性が十分あると考えられた。
Using silver nanoparticle substrate fabricated on silicon wafers, we studied pesticides (PALNOX : Thiram) and melamine in wheat flour by surface enhanced Raman spectroscopy(SERS). Based on relationship between the intensity of the highest peak, a liner regression was found in the range of 4-0.04ppm. The limit of detection for melamine using this SERS method was around 1ppm. SERS using the silver nanoparticle substrate and low-cost portable Raman instrument provide sensitive and highly useful analysis of pesticides and chemicals.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2651
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00F03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol30(P.71).pdf1.34 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください