帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D03学術研究報告(紀要)  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2650

タイトル: 北海道東部の高速道路における道路横断構造物の動物による利用とその調査方法の検討
その他のタイトル: Study on animal use of highway transverse structures in eastern Hokkaido and its investigation method
著者: 岡部, 佳容
野呂, 美紗子
柳川, 久
OKABE, Kayo
NORO, Misako
YANAGAWA, Hisashi
キーワード: ボックスカルバート
オーバーブリッジ
ビデオ自動撮影
足跡調査
北海道東部
box culvert
overbridge
automatic video camera system
footprint tracing
eastern Hokkaido
発行日: Oct-2009
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: 道東自動車道(高速道路)に設置されている動物用に改良されたボックスカルバートとオーバー ブリッジでの動物の利用状況について,ビデオ撮影法と足跡調査法によるモニタリング調査を実 施した.2000年4月に現地の状況を把握するための予備調査を行った後,2000年6月から本調査 を行った.6月にはオーバーブリッジとボックスカルバートでそれぞれ3回ずつ(月の上,中,下旬), 7月にはオーバーブリッジ3回,ボックスカルバートで2回,8月から10月にかけては各月前半 と後半で1回ずつ計2回,調査を実施した.調査は,各回24時間のモニタリングを行い,オーバ ーブリッジで12日間(288時間),ボックスカルバートで11日間(計264時間)であった.ボックス カルバートでは飛翔と歩行による利用を記録した.ビデオ調査法での調査結果から,飛翔による 利用はコウモリ類と小鳥類によって総計121回確認され,そのほとんど(98%)がコウモリ類によ る利用だった.また,歩行による利用はイヌ(Canis familiaris),セキレイ類(Motacilla sp.),  ネコ(Felis catus),ネズミ類の少なくとも4種によって総計31回確認された.オーバーブリッ ジでは歩行による利用が記録され,シマリス(Tamias sibiricus),ネコ,セキレイ類,キタキツネ(Vulpes vulpes),キジバト(Streptopelia orientalis)の少なくとも5種によって総計54回確認された.足跡 調査法での出現個体数は,ビデオ調査法での出現個体数を下回る場合が多く,逆に同一個体とみ られる多数の痕跡など,出現個体数の確認が困難となる状況が確認された.ビデオ撮影法と足跡 調査法の比較によって,様々な動物が対象となる研究においてはビデオ撮影法のほうがより有効 であることが明らかになった.We investigated animals’ use of a box culvert and an overbridge on a highway that were adapted for the use of animals in eastern Hokkaido. We monitored the animals by employing video recording and footprint tracing. After holding a preliminary study in April 2000 to investigate the current situation of the investigation site, we proceeded to the main investigation in June 2000. We conducted six surveys: three on the box culvert and three on the overbridge, in early, middle and late June. In July, we held three surveys on the overbridge and two on the box culvert (early and late in each month), and from August to October we undertook six surveys, one early and late in each month, for each structure. In total, we conducted 12 surveys on the culvert (12 x 24 hours = 288 hrs,) and 11 surveys on the overbridge (264 hrs). We observed the use of the culvert by animals on the wing and on foot. The video footage revealed that bats and small birds flew through the culverts a total of 121 times, with the former accounting for 98%. At least four kinds of animals— dogs (Canis familiaris), wagtails (Motacilla sp.), cats (Felis catus), and rats—were also seen walking through the culverts a total of 31 times. We confirmed at least five kinds of animals walking across overbridges a total of 54 times. They comprised Siberian chipmunks (Tamias sibiricus), cats, wagtails, red foxes (Vulpes vulpes), and rufous turtledoves (Streptopelia orientalis). The footprint tracing methods resulted in a smaller number of observed animals than the video recording method, and there were cases where we could not specify the number of animals due to redundant footprints by the same animal. From our comparison of the two investigation methods, we found that video recording is more helpful than footprint tracing when carrying out surveys on multiple types of animal.
URI: http://www.obihiro.ac.jp/~library/kenkyu.html
http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2650
ISSN: 13485261
出現コレクション:00D03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol30(P.61).pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください