帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2649

タイトル: 日高山脈南端部の低標高域におけるエゾナキウサギの生息環境
その他のタイトル: Habitat of northern pikas (Ochotona hyperborea yesoensis) in the low altitude area at the southern tip of the Hidaka Mountains
著者: 家入, 明日美
柳川, 久
キーワード: エゾナキウサギ
日高山脈
低標高域
生息環境
Ochotona hyperborea yesoensis
Hidaka Mountains
low altitude area
habitat
発行日: Oct-2009
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告 = Research bulletin of Obihiro University
巻: 30
開始ページ: 53-60
抄録: 分布の南限かつ最も標高の低い地域における,エゾナキウサギ(Ochotona hyperborea yesoensis)の生息環境を明らかにするために,日高山脈襟裳国定公園内にある豊似湖周辺の岩塊地において2008年6月から11月に調査を行なった.プレイバック法を用いた個体確認調査により,本種の生息状況を判断した.当地域におけるエゾナキウサギの生息環境は,空隙数および岩塊数が多く,フッキソウ(Pachysandra terminalis)とミヤコザサ(Sasa nipponica)が少ない環境であった.
To elucidate the habitat environment of northern pikas in the lowest altitude area and at the southern limit of their distribution, we surveyed a rock block area around Lake Toyoni in the Hidaka Mountains Erimo National Park from June to November 2008. We examined the living conditions of this species from an individual identification survey using a playback method. The survey revealed that the habitat of the animal comprises many crevices and rock blocks but rarely Japanese spurges (Pachysandra terminalis) and Sasa (Sasa nipponica).
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2649
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00D03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol30(p.53).pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください