帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2648

タイトル: Measuring Japanese consumers’ evaluation of beef derived from cattle fed in accordance with improved food safety measures
その他のタイトル: 食品安全性に配慮して生産された牛肉の消費者評価
著者: SAWADA, Manabu
AIZAKI, Hideo
SATO, Kazuo
KIKKAWA, Toshiko
澤田, 学
合崎, 英男
佐藤, 和夫
吉川, 肇子
キーワード: beef
food safety
consumers’ evaluation
stated preference methods
choice experiments
牛肉
食品安全性
消費者評価
表明選好法
選択実験
発行日: Oct-2009
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研法
誌名: Research bulletin of Obihiro University
帯広畜産大学学術研究報告
巻: 30
開始ページ: 44-52
抄録: The purpose of this paper was to verify the stability of consumers’ evaluations of food safety by conducting the identical choice experiments questionnaire survey at the same site two different times. The two surveys, measuring the consumers’ evaluations of beef derived from cattle fed in accordance with improved food safety measures were conducted in January 2003 (n = 83) and March 2004 (n = 369) in Kiyota ward of Sapporo city in Hokkaido, Japan. A comparison of the results of the two surveys suggests that social issues related to the choice experiment questions can significantly influence the consumers’ inferred values for food safety on the basis of the questions.本稿の目的は,同一の選択実験を同一地域の異なる2 時点で行い,食品安全性に関する消費者評価の安定性を 検討することである。北海道札幌市清田区の住民を対象 に,食品安全性に配慮して生産された牛肉の消費者評価 を求める調査を2003年(n=83)と2004年(n=369)に実施した。 両調査データを分析したところ,選択実験の質問に関連 する社会事象の発生が,選択実験による食品安全性の消 費者評価に影響を与えることが示唆された。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2648
ISSN: 13485261
出現コレクション:00F03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol30(P.44).pdf1.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください