帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2615

タイトル: 乳用種雄牛の国際遺伝評価値を国内の遺伝評価に利用した場合の育種価の安定性
その他のタイトル: Stability of Breeding Values Blended International Breeding values of Bulls into National Evaluations for Dairy Cattle
著者: 河原, 孝吉
後藤, 裕作
萩谷, 功一
鈴木, 三義
曽我部, 道彦
キーワード: International EBV
National EBV
Blending
INTERBULL
Dairy Cattle
発行日: 2003
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 74
号: 1
開始ページ: 13-21
抄録: 本分析では,種雄牛の国際遺伝評価値(I-EBV)を国内の遺伝評価(N-EBV)に組み込むことにより,種雄牛と雌牛の育種価(B-EBV)を推定した.さらに,国内における情報量が増加した段階で推定されたB-EBVと比較し,情報量が少ない段階で推定されたB-EBVの安定性を調査した.使用した記録は,北海道地域のホルスタイン種における乳量の検定記録であり,2種類のデータセットを作成した.データセットIは1976年1月から1997年10月までに240日以上305日までの乳期を終了した雌牛記録4,090,165,データセットIIは同様にして2001年6月までに乳期を終了した5,012,423記録である.使用した混合モデルは,母数効果として牛群・年次・産次のサブクラス,誕生年グループ別の分娩月齢グループと分娩月の交互作用,誕生年グループ別の分娩月齢サブグループの効果,近交退化量を示す回帰係数,変量効果として相加的遺伝子効果(EBV),永続的環境効果および残差効果を含んでいる.種雄牛のI-EBVは,米国農務省のAIPL(Animal Improvement Programs Laboratory)のインターネットホームページからダウンロードし,データセットIに関して1997年2月およびデータセットIIに関して2001年8月に公表されたものを使用し,一次回帰式を基礎とした変換法でDeregressionした後,牛群内遺伝評価法を使用して,混合モデル方程式に組み込んだ.両親平均(PA)は,両親のEBVの和の1/2として算出した.データセットIにおいて娘牛数が15から50頭を持つ種雄牛とデータセットIIにおいて娘牛が500頭以上増加した種雄牛グループとのB-PA間の相関(0.96)は,N-PA間の相関(0.88)と比較し,有意に高かった(P<0.05).同様の種雄牛グループとのB-PA間の差の標準偏差(61kg)は,N-PA間(124kg)と比較し,有意に小さい傾向を示した(P<0.01).それゆえ,N-EBVにI-EBVを組み込む方法は,PAの安定性を向上させる効果があった.B-EBV間の場合は,N-EBV間と比較し,統計的有意は認められなかったが,B-PAの安定性向上の影響を受けて,相関の低下と差の標準偏差の上昇が若干抑制できたものと推察された.
The objectives of this study were to estimate the breeding values (B-EBV) of bulls and cows by blending international EBV (I-EBV) with national EBV (N-EBV) and to evaluate the stability of initial B-EBV estimated by using a few information from the national evaluations as compared with B-EBV estimated after addition of more national information. The records consisted of two data sets of Holstein cows for milk yields in Hokkaido region of Japan. Data set I included 4,090,165 records of cows with 305-d (≥240-d) 2× lactations recorded from January 1976 to October 1997. Data set II included 5,012,423 records from January 1976 to June 2001. The mixed model used for estimation of EBV contained fixed management groups for herd-year-parity subclass, interaction of age groups and month of calving within birth year groups as fixed effects, fixed age subgroups within birth year groups, fixed linear regression on inbreeding, random permanent environment effect of cow with records, random BV of the animal to include pedigree, and random residual effect. I-EBV of bulls downloaded from the internet homepage of AIPL in USDA-DHIA, used data released in February 1997 for data set I and in August 2001 for data set II, deregressed using conversion formulae based on linear regression techniques and blended using the method of intraherd prediction into mixed model equations. The correlation(0.96) between B-PA (parent average) of bulls with 15 to 50 daughters in data set I and to increase at least 500 or more daughters in data set II was significantly higher (P<0.05) as compared with the correlation (0.88) for N-PA. The standard deviation(61kg) of difference for B-PA between bulls groups classified in the same way was significantly smaller (P<0.01) as compared with the standard deviation (124kg) of difference for N-PA. Therefore, it is found that blending I-EBV of bulls with N-EBV influence the rise of stability of PA. The correlations and standard deviations of differences between B-EBV in data set I and II were not significant compared with N-EBV, however, there was a tendency to slightly hold in a decrease and an increase, respectively, under the influence of the rise of stability of B-PA.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2615
権利情報: 日本畜産学会
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S100303-2.pdf574.82 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください