帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2596

タイトル: ホルスタイン集団における最適な泌乳曲線モデルの検討
その他のタイトル: Comparison of the Optimum Lactation Curve Models in Holstein Population of Japan
著者: 山口, 諭
河原, 孝吉
後藤, 裕作
増田, 豊
鈴木, 三義
Yamaguchi, Satoshi
Kawahara, Takayoshi
Gotoh, Yusaku
Masuda, Yutaka
Suzuki, Mitsuyoshi
キーワード: Holsteins
lactation curve
Legendre polynomial
logarithm
Wilminks exponential
発行日: 2007
出版者: 社団法人日本畜産学会
抄録: 本分析では,乳量,乳脂量,無脂固形分量,乳タンパク質量,乳脂率,無脂固形分率,乳タンパク質率および体細胞数スコア(SCS)の8形質に対し,泌乳曲線モデルの適合性を検討した.データは,2000年から2004年に社団法人北海道酪農検定検査協会に集積されたホルスタイン346,221頭の初産から11産までの検定日記録5,645,976が使用された.適合性を検討した23種類のモデルとは,1次から5次のルシャンドル多項式モデル(L1,L2,L3,L4およびL5),ルシャンドル多項式にWilminkの指数関数を加えたモデル(L1W,L2W,L3W,L4WおよびL5W),さらに,対数関数と周期関数を組み合わせた3次から5次の13種のモデルである.泌乳曲線モデルの適合性の検討には,赤池の情報量規準(AIC),ベイズ流情報量規準(BIC),決定係数および平均誤差の中で,パラメータ数のみならず観測値数も考慮してモデルの適合性を判断できるBICを主に使用した.乳量,乳脂量,無脂固形分量および乳成分率における泌乳曲線は,L4,L3W,L4WおよびL5Wのモデルが高い適合性を示した.乳タンパク質量およびSCSに関して適合性が高い泌乳曲線は,対数関数および周期関数の組み込まれたモデルであった.本研究で選択された泌乳曲線を用いることにより,標準泌乳曲線として飼養管理の有益な指標として活用できる. The objective of this study was to compare the fitness of lactation curve models for milk, fat, SNF and protein yields, and fat, SNF and protein contents, and somatic cell score (SCS). Data consisted of 5,645,976 test day records from 1st to 11th lactations obtained from 346,221 cows of Holstein and collected between 2000 and 2004 in Hokkaido Dairy Cattle Milk Recording and Testing Association. Lactation curves with the optimum fitness for each trait were selected from 23 models as follows ; Legendre polynomials of order 1 to 5 (5 models ; L1, L2, L3, L4 and L5), Legendre polynomials of order 1 to 5 combined with Wilminks exponential function (5 models ; L1W, L2W, L3W, L4W and L5W) and polynomials of order 3 to 5 combined with logarithm and/or periodic functions (13 models). Lactation curve models were compared by using an Akaike information criterion (AIC), a Bayesian information criterion (BIC), a coefficient of determination (R2) and mean residual. In those four criterions, BIC was mainly used, because BIC accounted for not only number of parameters but also number of observations. The optimum lactation curve models for milk, fat and SNF yields, and fat, protein and SNF contents were selected out any one of L4, L3W, L4W and L5W. On the other hand, the optimum lactation curves for protein yield and SCS were polynomial models with logarithm and/or periodic functions. The use of lactation curve models selected in this study would be profitable as a standard lactation curve used for feeding management.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2596
ISSN: 1346907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S100226-1.pdf511.95 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください