帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2595

タイトル: 資源循環型家畜屠体処理のプロセス構築
その他のタイトル: Production of High Quality of Bone Char from Dead Dairy Cattle Bodies as a Resource Circulating System
著者: 高橋, 潤一
梅津, 一孝
岸本, 正
西崎, 邦夫
河端, 俊明
小林, 博史
Takahashi, Junichi
Umetsu, Kazutaka
Kishimoto, Tadashi
Nishizaki, Kunio
Kawabata, Toshiaki
Kobayashi, Hiroshi
キーワード: Bone char
BSE
Phosphor vaporization
Meat bone meal
Dairy cattle
発行日: 2003
出版者: 社団法人日本畜産学会
記述: BSE感染に対して未検査の廃牛などから製造した肉骨粉を付加価値の高い炭化物とする製造方法について検討した.またリンを揮散性の物質として放散させることなく炭化して施肥効果をもたせると共に,さらに,比表面積を大きくして吸着剤としての効果を発現させるという2点を高付加価値化の条件とした.従来の嫌気性下の炭化処理では,リンは水素化物となって揮散し,また,比表面積の増加もほとんど見られなかった.そこで,炭化工程における酸化還元雰囲気を調整して,リンの揮発性化合物化を防止すると共に,酸化力が賦与された雰囲気による比表面積増加の効果を検討した.その結果,800°Cの炭化処理において,一時的に若干の空気(例えば10分間にわたり,窒素ガス対空気1 : 1の体積比)を加えて製造した炭化物は,空気を混入しないで製造したものに比べて,炭化物表面のリン濃度,および比表面積においてかなりの改善(上述の酸化雰囲気例ではリン濃度で約15%,比表面積において約50%の改善)が見られた.炭化雰囲気をモニタリングし,酸化還元性を調整することによって,吸着剤として使用でき,さらに,施肥効果を有する従来にはない複数の機能をもつ炭化物(骨炭)が製造できるものと考えられた. A new producing method for producing a high quality bone char as fertilizer and adsorbent was studied for the purpose of treating meat bone meal prepared from dead dairy cattle bodies which were not submitted to BSE inspections. The criteria of the new method for bone char production is carbonization without any phosphor vaporization and with sufficient specific surface area. Phosphor was vaporized by anaerobic carbonization in the form of hydrides, and little increase in its specific surface area was observed, too, in these conventional carbonizing methods. Phosphor vaporization was considered to be suppressed, and surface area increased adjusting the atmospheric redox level. In carbonization at 800°C, considerable differences in the surface phosphor distribution and in the surface area were observed between nitrogen and air dosing nitrogen atmosphere. Carbonized products with duplicate functions, such as bone char for fertilizer and adsorbent, are expected to be relatively easily made from dead beef cattle bodies or meat bone meal by redox condition adjustment of atmosphere in the furnace.
ISSN: 1346-907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Ta100225.pdf295.11 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください