帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
030大学院畜産学研究科 >
03001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2314

タイトル: 黒毛和種去勢牛ロース芯を4領域に分割したときの各領域における脂肪交雑の特徴および遺伝的パラメータ
その他のタイトル: Image analytic characteristics for marbling of rib eye divided into four areas and their genetic parameters in Japanese Black steers
著者: 村澤, 七月
口田, 圭吾
大澤, 剛史
堀, 武司
加藤, 浩二
Murasawa, Nazuki
Kuchida, Keigo
Osawa, Takefumi
Hori, Takeshi
Kato, Koji
キーワード: genetic parameters
image analysis
Japanese Black
marbling
rib eye
発行日: Aug-2008
出版者: 日本畜産学会
抄録: 間接検定材料牛1,524頭を用い,ロース芯内の異なる領域における脂肪と筋肉の特徴を画像解析を用いて調査し,その遺伝的パラメータを推定した.ロース芯を慣性主軸で4分割し,各象限の脂肪交雑の量,形状および色に関する6形質を画像解析で得た.脂肪面積割合については,3および4象限(34.97,36.22%)が1および2象限(33.36,33.91%)に比べて高い値を示した.ロース芯内側におけるあらさ指数と最大あらさ指数は外側よりも高く,反対に細かさ指数は低かった.3象限のあらさ指数および最大あらさ指数の遺伝率(0.31,0.21)は,他象限よりも高く,4象限(0.18,0.12)では低かった.最大あらさ指数のロース芯全体と3象限間の遺伝相関(0.71)は相対的に低く,ロース芯全体の最大あらさの改良は,3象限に対しては効率が悪いことが示された.各象限により脂肪交雑の形状的特徴の遺伝様式が若干異なることが明らかとなった.本研究の結果を脂肪交雑の配置バランスの改良に利用されることが期待される.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2314
ISSN: 1346-907X
1880-8255
出現コレクション:03001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ku090602-3..pdf508.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください