帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1862

タイトル: Effect of Storage Period and Temperature on Some Properties of Potato Starch
その他のタイトル: 馬鈴薯デンプンの特性に及ぼす貯蔵期間と温度の影響
著者: サビニアーノ, ナオミ S.
石橋, 憲一
弘中, 和憲
山本, 和夫
SABINIANO, Naomy S.
Ishibashi, Ken-ichi
Hironaka, Kazunori
Yamamoto, Kazuo
キーワード: potato storage
potato starch
Brabender viscosity
swelling power
solubility
phosphorus
blue value
馬鈴薯貯蔵
馬鈴薯デンプン
ブラベンダー粘度
膨潤度
溶解度
リン含量
青価
発行日: Dec-1994
出版者: 農業施設学会
抄録: The effect of temperature on the properties of potato starch during storage at 1, 5 and 10 centigrade for 6 months were determined. The Brabender peak viscosity, final viscosity at 92.5 centigrade breakdown, swelling power, solubility and phosphorus content decreased while initial pasting temperature, temperature at peak viscosity and blue value of the starches increased during storage. Phosphorus content was highly correlated with Brabender peak viscosity and breakdown(r =0.92 and 0.82, respectively, p<0.01). Higher rates of decrease in viscosity and phosphorus content occurred at 1 and 10 centigrade during storage. デンプン原料用馬鈴薯のベニマルを6ヶ月間貯蔵し、貯蔵温度と期間が馬鈴薯より調製したデンプンの品質に及ぼす影響を調べた。デンプンのアミログラム最高粘度、92.5℃における最終粘度、ブレークダウン、膨潤度、溶解度及びリン含量は馬鈴薯を貯蔵することによって減少したが、糊化開始温度、最高粘度到達時の温度と青価は逆に増加した。リン含量とアミログラム最高粘度及びブレークダウンとの間に、高い正の相関が認められた。1℃で貯蔵した馬鈴薯より調製したデンプンの粘度とリン含量は、5℃貯蔵のものより低下した。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1862
ISSN: 03888517
出現コレクション:02001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hiro080922.pdf362.29 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください