帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1608

タイトル: ワイルドライス(Zizania palustris)に含まれる脂質とポリフェノールの特性
その他のタイトル: Properties of the Lipids and Polyphenols in Wild Rice (Zizania palustris) Seeds
著者: 相沢, 修
齋藤, 優介
西, 繁典
小疇, 浩
弘中, 和憲
小嶋, 道之
Aizawa, Osamu
Saito, Yusuke
Nishi, Shigenori
Koaze, Hiroshi
Hironaka, Kazunori
Kojima, Michiyuki
キーワード: 脂質
トリアシルグリセロール
分子種
ポリフェノール
ワイルドライス
lipids
triacylglycerol
molecular spaces
polyphenol
wild-rice
発行日: Oct-2007
出版者: 国立大学法人帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Reserch Bulletin of Obihiro University
巻: 28
開始ページ: 30-34
抄録: ワイルドライス(Zizania palustris L.、K2 品種)は、炭水化物(68%)が主要成分のデンプ ン性種子で、他にタンパク質14%、灰分2%、脂質1.4%などを含有していた。また、種実に含ま れる脂質は、中性脂質が75%で、リン脂質15%と糖脂質10%から成り、中性脂質の主要クラスは トリアシルグリセロール(TG)で、全脂質の68%を占めていた。品種間における脂質成分と組 成割合には、ほとんど差異は認められなかった。TG の主要分子種は、パルミトイルジリノレン(PLL)、 パルミトイルリノレオイルリノレニン(PLLn)、ジリノレオイルリノレニン(LLLn)、トリリノレ ン(LLL)、オレオイルリノレオイルリノレニン(OLLn)などで60%を占め、他に少なくとも11 種 類の分子種が認められた。また、TG の構成脂肪酸位置分析により、sn-1、3 位には16:0、18:2 および18:3 が、sn-2 位には18:2、18:3、18:1 および16:0 が認められた。また、4 種類の ステロール脂質;遊離ステロール(FS)、ステロールエステル(SE)、ステリルグリコシド(SG)、ア シルステリルグリコシド(ASG)の構成デスメチルステロール(DeMS)は、全てシトステロール>カ ンペステロール>スチグマステロールの順であったが、SE の構成デスメチルステロールであるス チグマステロールの割合は、他クラスのそれに比べて約10%程度低い値を示した。また、種実の ポリフェノール含量は0.04%-0.06%、種皮のそれは0.18%-0.28%であり、品種により含量が顕著に 異なっていた。しかし、種実ポリフェノール組成は、品種間では同様で、分子量が534 及び564 の2 種類の構造未知のポリフェノールであった。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1608
ISSN: 13485261
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiyou28koji2.pdf244.3 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください