帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1579

タイトル: 土壌pH がトマトの生育と食味に及ぼす影響,およびこれらに対する有機物施用の効果に関する研究
その他のタイトル: Effect of soil pH on the growth and taste of tomato, and efficacy of organic fertilizer in improvement of the tomato growth
著者: 高橋, 伸彰
山本, 紳朗
キーワード: 土壌pH
土壌有効態ミネラル
トマト
植物ミネラル濃度
有機質肥料
organic fertilizer
plant mineral
soil mineral of available form
soil pH
tomato
発行日: Oct-2007
出版者: 帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
巻: 28
開始ページ: 13-22
抄録: 土壌pH と有機物施用が土壌有効態ミネラル濃度,トマトの生育,ミネラル濃度,食味に及ぼす影響について調べた。硫酸および水酸化カルシウムにより土壌pH を4~10 に調整し,化成肥料によりトマトを栽培した。また,これらのpH の土壌に堆肥とボカシ肥を合わせて施用し,トマトを栽培した。土壌の有効態ミネラル濃度は,酸性土壌においてはカリウム,カルシウム,マグネシウムは低下し,鉄,マンガンは高まった。また,アルカリ性土壌においてはマグネシウム,鉄,亜鉛,マンガンは低下した。トマトの地上部および地下部乾物重は,酸性およびアルカリ性土壌において大きく低下した。トマト体内のミネラル濃度は,酸性土壌ではカリウム,カルシウム,マグネシウムは低下し,マンガンは高まった。アルカリ性土壌では亜鉛,マンガンは低下した。トマトのミネラル吸収量は,酸性およびアルカリ性土壌においてこれら全てのミネラルが大きく低下した。果実の酸度および食味は酸性土壌では低く,pH の増加にともない高まった。有機物施用は,アルカリ性土壌において,トマトの乾物重とカリウム,カルシウム,マグネシウム,亜鉛吸収を改善した。しかし,土壌においてこれらのミネラルの有効態化は認められなかった。これより,有機物施用によるアルカリ性土壌でのトマトの生育改善は,土壌化学性への直接的な作用によるものではないと考えられる。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1579
ISSN: 1348-5261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiyou28yama.pdf519.82 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください