帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1426

タイトル: 潜在性乳房炎の指標としての電気伝導度及び体細胞数の変動要因について
その他のタイトル: Variation of electrical conductivity and somatic cell counts of milk as predictor of subclinical mastitis
著者: 鈴木, 徹
鈴木, 三義
三好, 俊三
光本, 孝次
Suzuki, Toru
Suzuki, Mitsuyoshi
Miyoshi, Shunzo
Mitsumoto, Takatsugu
発行日: Nov-1983
出版者: 帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告. 第I部
巻: 13
号: 3
開始ページ: 175-181
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1426
ISSN: 0470-925X
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5.suzukiVol13_No3.pdf1.43 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください