帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1258

タイトル: 開発途上国における農産物市場の設立と市場の活性化 : スリランカの事例
その他のタイトル: Establishment of Agricultural Market and its Performance in Developing Countries : Case Study in Sri Lanka
著者: 耕野, 拓一
キーワード: 商品作物
卸売市場
トレーダー
commercial crop
wholesale market
trader
発行日: 31-Oct-2000
出版者: 帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告. 自然科学
Research bulletin of Obihiro University. Natural science
巻: 22
号: 1
開始ページ: 1-10
抄録: スリランカの農家調査データから、乾季の商品作物であるトウガラシ、タマネギを中心とすを農産物の流通構造を明らかにした。 スリランカでは1999年に政府により農産物の卸売市場がダンブッラに設立された。これにより、卸売商が一ケ所に集積し、価格情報の収集等に関する取引費用の削減、農家け取り価格の上昇といった規模の外部経済が周辺地域にもたらされていた。 スリランカの農産物流通は、トレーダーと呼ばれる仲買人が重要な役割を果たしており、他の途上国で見られるような、長期にわたる農民と仲買人の固定的取引はほとんど見られなかった。また、一般に言われているような、農産物取引における仲買人の独占的行動は、 非常に限定的であることが、信用供与における利子率の計測等から明らかとなった。 The purpose of this study is to examine the structure of agricultural markets, which are centered on dry season commercial crops, from farm survey data in Sri Lanka. In Sri Lanka, the government established an agricultural wholesale market at Dambulla in 1999. As a result, wholesalers gathered in one location, and the external economy of scale resulted in the reduction of transaction costs concerning the collection of price information and increased the farm-gate price in the survey area. Middlemen play an important role in agricultural markets in rural Sri Lanka. Long-term, fixed dealings between farmers and middlemen, often seen in other developing countries, were rarely seen. Moreover, monopolistic behavior of the middlemen in rural agricultural markets was limited. This became clear from examining interest rates on credit.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1258
ISSN: 09193359
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1.konoVol22_No1.pdf2.39 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください