帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/107

タイトル: Coomassie brilliant blue G250 色素結合法による高感度タンパク質定量法
その他のタイトル: Coomassie brilliant blue G250 dye-binding microassay for protein
著者: 井熊, 武志
竹内, 宏治
匂坂, 慶子
髙澤, 俊英
IKUMA, Takeshi
TAKEUCHI, Kouji
SAGISAKA, Keiko
TAKASAWA, Toshihide
キーワード: CBB 色素結合法
色素結合法
蛋白質定量法
CBB dye-binding assay
dye-binding assay
protein assay
CBB G250
発行日: Dec-2002
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: Coomassie brilliant blue G-250 (CBB)を用いてタンパク質定量用高感度試薬の調製を試みた。 まず、Bradford reagent (0.01%(w/v) CBB-4.75%(v/v)エタノール-8.5%(w/v)リン酸)を使用し、 Bradford (1976)の高感度発色系(0.1mLタンパク質溶液、1mL Bradford reagent)によってBSA (0-9μg)を標準物質として用いてBradford法を検証した。Bradford reagent (Bradford 1976)は、 調製直後から経日保存中にCBB沈殿を生じ、使用する度毎にろ過操作を必要とし、従って その度に標準曲線作成実験を行わなければならず、実験操作上煩雑で、この欠点は Bradford reagent に改良を加えても解決できなかった。そこで、保存中にCBB沈殿を生じず、 安定なCBB reagentの調製を試み、充分使用に耐えるCBB reagentを開発した。CBB reagentの 濃度は、0.025%(w/v) CBB-12.5%(v/v)メタノール-70.83%(w/v)リン酸である。CBBによるタン パク質の発色系は、0.8mLタンパク質溶液(0-9μg protein)、0.2mL CBB reagentで行った。 The high sensitive reagent using Coomassie brilliant blue G250 (CBB) for protein microassay has been prepared. At first, the high sensitive coloration system (0.1mL protein solution and 1mL Bradford reagent) was examined with Bradford reagent (0.01%(w/v) CBB-4.75%(v/v) ethanol-8.5%(w/v) phosphoric acid) according to Bradford (1976) using BSA(0-9μg) as a standard. The Bradford reagent produced CBB precipitate just after preparation and during storage, so filtration of it was needed before every use. Therefore, calibration of the Bradford CBB reagent due to change in CBB concentration should be carried out, which required time. These demerits had not been overcome by our modifications of the Bradford reagent. Thus we developed a stable, sufficiently available CBB reagent without CBB precipitate during storage. The CBB reagent is the 0.025%(w/v) CBB-12.5%(v/v) methanol-70.83%(w/v) phosphoric acid. The protein coloration with CBB was done at 0.8mL protein solution(0-9μg protein) and 0.2mL CBB reagent.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/107
ISSN: 1347-6556
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
i061122-1.pdf544.69 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください