帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >

ブラウズ: タイトル

移動先: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
タイトルの先頭数文字を入力して移動:   

アイテム表示: 20-40 / 4136.

前ページ 次ページ
発行日タイトル著者
Nov-2013 30種の種子に含まれるポリフェノール含量、機能性と種皮色について 慈, 照紅; 豊, 碩; 呉, 珊; 小嶋, 道之
Feb-2011 3Dプリンターを活用したイノベーションの創出 佐藤, 禎稔
Nov-1997 3方向応力測定器によるタイヤラグ面接地応力の測定 全, 亨奎; 谷口, 哲司; 岸本, 正; 吉田, 慎; 玉利, 達人; JUN, Hyung-gyu; TANIGUCHI, Tetsuji; KISHIMOTO, Tadashi; YOSHIDA, Makoto; TAMARI, Tatsuto
31-Mar-2010 3次元細胞共培養法を用いたウマ着床期子宮内膜モデルの確立 羽田, 真悟
30-Nov-2010 4か月齢でのEB(安息香酸エストラジオール製剤)投与による代謝ホルモン動態が初産時の栄養代謝状態や繁殖機能回復に及ぼす影響 川島, 千帆
Jun-1978 4倍体アカクローバの不稔発生機構 : 第4報 2倍体および4倍体植物における不稔の発生学的経過 嶋田, 徹; SHIMADA, Tohru
Jul-1977 4倍体アカクローバの不稔発生機構 : 第1報 種子生産量に関与する諸形質の遺伝的統計量とその多変量解析 嶋田, 徹; SHIMADA, Tohru
Nov-1977 4倍体アカクローバの不稔発生機構 : 第2報 ダイアレル交配および近親交配による稔性の分析 嶋田, 徹; SHIMADA, Tohru
Nov-1977 4倍体アカクローバの不稔発生機構 : 第3報 細胞学的異常と稔性の関係 嶋田, 徹; SHIMADA, Tohru
Jun-1978 4倍体アカクローバの不稔発生機構 : 第5報 発生学的異常と稔性の関係 嶋田, 徹; SHIMADA, Tohru
15-Feb-2008 4種類の経口Ca製剤における乳牛の分娩性低Ca血症予防効果に関する検討 石井, 三都夫; Ishii, Mitsuo
16-Sep-1971 4連式乾燥試験装置について 東条, 衛; 岡村, 太成; 石橋, 憲一; Tojo, Mamoru; Okamura, Taisei; Ishibashi, Ken'ichi
Mar-2009 4領域に分割された牛ロース芯の画像解析形質に関する品種間比較 村澤, 七月; 中橋, 良信; 浜崎, 陽子; 堀, 武; 加藤, 貴之; 口田, 圭吾; Murasawa, Nazuki; Nakahashi, Yoshinobu; Hori, Takeshi; Kato, Takayuki; Kuchida, Keigo
2006 60 años del fin de la Guerra del Pacífico: Koizumi y sus reflexiones sobre el pasado, presente y futuro Romero Hoshino, Isami; ロメロ ホシノ, イサミ
31-Mar-2010 60th Annual Meeting of the European Association for Animal Production(EAAP)に参加し発表を行う 浜崎, 陽子
Nov-1990 60分間降雨量による降雨係数の算出 辻, 修; 松田, 豊; 土谷, 富士夫; Tsuji, Osamu; Matsuda, Yutaka; Tsuchiya, Fujio
7章2節 醍醐から白牛酪まで: 牛乳・乳製品 有賀, 秀子
Oct-2006 8種類の食用豆類に含まれるポリフェノールと抗酸化活性 小嶋, 道之; 森田, 武志; 齋藤, 優介; 西, 繁典; Kojima, Michiyuki; Morita, Takeshi; Saito, Yusuke; Nishi, Shigenori
31-Mar-2007 9th International Symposium on Equine Reproduction(第9回国際ウマ繁殖学会)での学会発表 平野, 悠子
2004 A. 胆道系 : 病態生理 1.胆汁生成機序についてのnew conceptは? 中村, 公英; 米田, 政志
2004 A. 胆道系 : 臨床 2.胆道ジスキネジーを疑う症候と確定診断法は? 中村, 公英; 米田, 政志
前ページ 次ページ

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください